イカした医学生

Splatoonに関する情報やニュースを届けるサイトを作りたい医学生

イカした医学生
Splatoon好きの医学生が気になる情報をお届けするブログ
  • おすすめ記事
  • 【スプラトゥーン】ゾンビステジャンとは 復活短縮・ステルスジャンプの強さ《最強ギア》

    スポンサーリンク

    こんにちはとーかです。

     みなさんお気づきですか?近ごろ巷にゾンビが溢れていることを……

    スプラトゥーンはいま、発売以来最大のゾンビブームなのです。。。

     

     

    ゾンビとは

    ゾンビとは復活短縮のギアを積んだプレイヤーのことをさします。

     

    倒しても倒してもすぐに蘇ってくる様からゾンビと名づけられました。

    なぜこのギアパワーが現在流行っているのか

    それは単純に強いからです()

    f:id:toka2083:20170509124052p:plain

     

    ゾンビの強さ

    何が強いのかを説明したいと思います。

    通常の何もつけてない状態で敵に倒されたときの復活するまでの時間(上のイカマークが黒くなっている時間)は8.5秒です。

    f:id:toka2083:20170509124033p:plain

    そしてまた前線に復帰するのに短くても4~5秒はかかりますよね。

    スーパージャンプを使ったとしても4.3秒かかります。

     

    ということは、通常であれば敵に倒されてまた前線に復帰するまでに12秒以上かかるんです。

    12秒あればその間に塗り固めるなど態勢を整えられてしまいます。

    残っている味方もその間は人数不利を強いられるわけですね。

    自分は12秒活動できず、スペシャルゲージは激減し、味方に負担を強いる

    これが「1デスの重み」 になるわけです。

     

    しかし!復活時間短縮のギアをつけると復活時間が
    メインに1つつけると約1.2秒、
    サブに1つつけると約0.4秒短縮されます。(効果はだんだん下がります)
    3,9(メイン3サブ9)まで積むと4.5秒にまで短縮できます!!(その差なんと4秒!)

     

    ここまで揃えるのは難しくても1,3積みで約2秒、2,9積みで約3.8秒も短くなります!

     

    2秒相手のほうがはやく復帰している、これはゲームスタート時のReady Goが相手のほうが2秒はやいということと同じです。想像してみてください。圧倒的に不利ですよね。。。

    これがゲーム中に相打ちをとられるたびに発生するのです。ゾンビギアの相手と相打ちになっても、自分のほうが復帰するのが遅いので実質負けているようなものになってしまいます。

    これだけでゾンビギアの強さがわかります。

     

    しかも、人数不利の時間を減らせるということは味方の負担を減らすことにもつながります。

    このゲームは4VS4のゲームなので、1人少なくなるだけで残った味方の負担は一気に増えます。単純に1人が相手にする人数が増えて囲まれやすくなるだけではなく、塗りの総力でも負けてしまうのでどんどん自分の陣地が減っていきます。

    そうして、残った味方が自分の復帰するまでの12秒の間に倒されてしまうと今度は自分が不利な戦況に立たされるという悪循環に陥るわけです。

      

    ゾンビギアによって復帰の時間を早めると、味方の負担を減らしてすばやく戦況を立て直すことができます。

    復活短縮つよい。。。

     

    どうして流行ったのか

    また、復活短縮が流行った原因として無敵スペシャルの存在があります。

    せっかく敵を追いつめたり、奇襲を仕掛けたとしても、ダイオウイカ・バリアを使われると有利な場面から一転こちらが返り討ちになってしまいます。

    今までは、無敵を使われてもなんとか対処することができていたのですがこのブキの登場が状況を変えてしまいました。

    f:id:toka2083:20170509124143p:plain

    スプラスピナーコラボです\(^o^)/

    このブキ非常に塗り能力が高く、スペシャルが貯まりやすい上に、サブがポイズンボール、スペシャルはバリアという凶悪な性能を持っています。

    ポイズンをあてられてバリアを使われると為す術がありません(泣)

    ヒッセンも同じサブスペシャルだったのですが、射程が短くそこまで注目されていませんでした。

    しかし、スピコラは射程もスシコラより長く、チャージした状態のキルスピードも早いと撃ち合い能力も高い強ブキです。

    扱いが難しいため、使い手は少なかったのですが、バズさん、かよたそさんをはじめとするスピコラ使いが台頭し始め、スピコラを編成したチームが大会の上位を占めたことから、野良でも増えてきました。

     

    スピコラはバリアの貯まるスピードが本当にはやく、いちどバリアを使わせてキルされたとしても、復帰するころにはまた貯まっていることもあります。

    そうすると、またポイズンバリアをくらってやられてしまうんですよね。。。

     

    このスピコラのバリア回転率に対応するために、無敵の「吐かせ役」としてゾンビの重要性が高まりました。

    1デスが軽いゾンビを積んだ人が前に突っ込んでいって敵陣で無敵を使わせることで、残りの味方に無敵スペシャルを使わせないという作戦です。

    ポイズンバリアを使われると1人持っていかれるのは仕方ない。2人以上やられたり、重要な拠点を奪われることだけは阻止しよう。

    どうせ1人やられるのなら、その人はゾンビギアにしてデスを軽いものにしよう、ということですね。

     

    スピコラが何度バリアでカウンターしてきても、いずれバリアはゾンビに追いつかなくなります。

    こうしてチームで「吐かせ役」としてのゾンビが増えてきたんですね。

     

    Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

    Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

     

     

    ゾンビの弱点

    あれ?でもゾンビギアを積んでたらその分、ヒト速とか防御とかほかのギアをつけられなくなるから撃ち合いは弱くなるんじゃないの?と思う人いますよね

    そのとおり!実際ゾンビは対面能力は下がります。

    しかし、もとからエイムのいい人、対面が得意なヒトなら3回に1回は相打ちには持っていってしまいます。

    3回に1回のワンチャンをものにできたら、はやく復帰するゾンビが有利な盤面をつくることができます。

    つまり、ゾンビ側は何度やられても1回相打ちに持っていければいいという考えで向かってくるのです。

    逆に、対ゾンビ側はいちどでも相打ちをとられてしまうと実質負け、そこから一気に逆転されてしまうというプレッシャーがのしかかります。

     

    実力が拮抗している者どうしだと、

    純粋な撃ち合いはゾンビが不利でも確率的には相打ちでもいいゾンビが圧倒的に有利なのです!

     

    また、スプラトゥーンの全体のレベルが上がってきてカバーキルができるようになってきたことも、ゾンビの増加の一因です。

    昔は連携のレベルが低く、それぞれの1VS1での撃ち合いが重視されていました。

    味方がどこにいるか把握できてなかったから、敵を瀕死まで削っていてもトドメをさすことができなかったのです。

    しかし、連携のレベルが上がり1:1で戦うことよりも2:1で戦う戦法が増えてきました。

    このゲーム複数相手に撃ち勝つのはとても難しいです。複数で囲んで1人を倒す、そいつが復帰するまでの間に他の敵も囲んで倒す。こうした戦法がメジャーになってきました。そうすると、前線で交戦している人が多いほど、時間が長いほど有利になりますよね?

    ここまできたらわかったでしょう。そう、ゾンビギアがこの戦法にぴったりなのです。

     

    ステルスジャンプ

    このゾンビギアにステルスジャンプを組み合わせるともう手がつけられません。

    いわゆるゾンビステジャンです。

    f:id:toka2083:20170509124301p:plain

    ステルスジャンプはスーパージャンプの時間が0.9秒長くなり着地硬直がある代わりに、ジャンプマーカーが出なくなります。

    ステジャンがあると生き残ってる味方のところに安全に向かうことができるのです。

    ジャンプが遅くなるのはデメリットではあるのですが、味方がやられてしまった約5秒後に着地するので敵に気づかれない場合もあります。

    相手がステジャンに気づいてない時は背後から不意をつくことができますし、警戒されていたとしてもそこに相手を釘づけにして無理やり相打ちに持っていけたらそれだけでもうけものです。

     

    ゾンビステジャンの恐ろしさ

    敵の4人が全員ゾンビ2,9ステジャンとします。

    仮に3人を倒したとしても約5秒で全員復活し、10秒後にはステジャンで前線に復帰してくるのです。

    通常なら復活に8.5秒、スーパージャンプで4.3秒かかるので復帰には約13秒かかるので、違いはなんと3秒です!

    相打ちでは相手のほうが3秒のアドになるのです。。。

    ジャンプを使わないならもっと差は広がります。

     

    実際にやってみると、10秒では盤面を固めきって敵を迎え撃つ準備をするには間に合いません。

    なんど倒してもすぐ復活してくるゾンビ相手にじりじりと削られてしまいます。 

     

    ステジャンへの対策

    ステジャンの有無を確認するには、空を見て飛んでくるイカを視認するしかありません。

    空が見えない場所や見る余裕がないときは、敵を倒したあと約5秒ジャンプを警戒する必要があります。

    しかもそのステジャンをうまく狩れたとしてもまた次のステジャンを警戒しなければいけません。

    飛んでこなくなるまで1人はその場に釘づけです。その間に敵はゾンビで復活してきます。

    せっかく敵を倒したのに、戦況を固めきる前にまた戦いがはじまってしまうのです。

     

    ゾンステの強さまとめ

    これがゾンビギアひいてはゾンビステジャンの強さです。

    どんなに撃ち合いが強いひとでも100%撃ち勝てるわけではありません。

    1度でも相打ちになってしまうと、カバーキルされてしまうと、そこから復活時間の差で不利な状況を作られ、ゾンビの暴力に押されてしまいます。

     

    こうした戦法が流行りはじめ、最近では大会などでもゾンビチームが強豪を抑え優勝するなど強さを発揮しています。

    野良のガチマッチなどでもゾンビは増えてきました。

    野良のゾンビなら撃ち合いがそこまで強くないのでなんとかなることもありますが、元から撃ち合いが強いひとがゾンビを使うとヤバイです。

     

    そんなうまい人がゾンビをチームとして組み込んでくると対策する術は現状ありません。

    防御や移動速度系で撃ち合い能力を上げても1度でも撃ち負けると崩されてしまいます。複数で囲まれては撃ち合いも塗りも勝てません。

    無敵を増やしても、ゾンビの回転率には追いつきません。

    いまのところ、ゾンビに対してはゾンビで対抗するしかないという風潮です。

    これは、運営の調整ミスと言っても過言ではないと思います。

     

    初期はギアがみんなそろってなかったり、ステジャンの強さに気づいていなかったりでゾンビステジャンは見逃されて?いました。

    ゾンビギアが蔓延するとキルの価値がなくなっていってしまいます。

    TPSでキルする価値がないなんて……

     

    しかしいくら嘆いてももうアプデはないようなのでこのゾンビ環境は変わらないでしょう。ハイカラシティはゾンビであふれています。さながらバイオハザードです。

    こちらもゾンビを積む以外の対策としては

    ステジャンのクツを覚えて最初に確認すること、上のイカマークを見てステジャンのイカが復活していたらステジャン警戒をしっかりすること、敵を倒したあとも油断しないことです!

     

    f:id:toka2083:20170509124206p:plainf:id:toka2083:20170509124224p:plainf:id:toka2083:20170509124233p:plainf:id:toka2083:20170509124240p:plainf:id:toka2083:20170509124250p:plain

     

    これがステジャンのクツなので余裕があれば覚えておきましょう。

     

    スプラトゥーン2では、無敵スペシャルはなくなるようですしゾンビも弱体化されるはずです!!

    夏まではこのゾンビあふれる過酷な世界を生き抜いていきましょう!

     

     

    追記 さいきん考えてたんですけどゾンステ2.9よりカムバックステジャンゾンビ1.9の方が強いですね。ステジャン使いまくるマン以外はカムバックおすすめです。

     

     

    もはやゾンビを積まないと味方負担と言われる件について - イカした医学生

     

    スプラトゥーン現環境の特徴とおすすめのチーム編成 - イカした医学生