イカした医学生

Splatoonに関する情報やニュースを届けるサイトを作りたい医学生

現代人は意外と読めていない 深刻な読解力の低下について

スポンサーリンク

先日こんな記事を読んだ。とても衝撃を受けた。

news.yahoo.co.jp

要約すると、

東大に合格することを目的とするAIの開発チームの方が子どもの読解力の低下を憂う記事だった。

これを読んで思ったことを述べていきたい。

 

AIの文章の読み方

現在のAIでは、本当の意味で”文章を読む”ことはできない。ロボットの読み方は、文章に散らばる「キーワード」を拾って検索を用いて「パターン」として認識するやり方だそうだ。

例えば、「徳川家康は(    )年の関ヶ原の戦いで、石田三成らの西軍を破った」の(    )に何が入るか。

この答え 1600年 をAIは

”徳川家康” ”関ヶ原の戦い” などのキーワードを拾って、膨大な情報を検索にかけ、そこで頻繁に登場する ”1600年” がいちばん確率的に高いと判断して答えている。

決して、文章の意味を理解しているのではないのだ

 

AIより読めない子どもたち

とまあここまではいい。AIの開発は大変なのだなあと思うくらいだ。

しかし、この東ロボくんの2016年のセンター試験模試の国語の偏差値は49.9

つまり、AIの国語力は受験生のちょうど平ということがわかったのだ。

 

文章の意味が全く理解できていないAIより、テストで点が取れない高校生がおよそ半分もいる。

この高校生たちは文章の意味を理解できているのだろうか?

 

読解力をはかる「リーディングスキルテスト」の予備調査によると、

約5割が、教科書の内容を読み取れておらず、
約2割は、基礎的な読解もできていない

ということが分かった。(元記事参照)

 

これは大きな衝撃だった。

日本人の識字率は世界でもトップで、しかも漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットを操るリテラシーの高い集団ではなかったのか。

現代の子供たちは、ネットやスマホも普及し、文章に接する機会は増えているはずではなかったのか。 

 

どうやら認識を改める必要がありそうだ。

”字”が読めても、”文章”が読めない人は思ったより多いのだ。

 

私は、高校生に勉強を教えるアルバイトを長くやっているが、上記の考えに至ると思い当たる節が多くでてきた。

例えば、生徒の多くは問題を解き、解説を読んだがわからないといって質問してくる。

私が解説を読めば、ちゃんと理解できる内容が書かれているし、それを口頭で説明すると程度の差はあれど、生徒も理解してくれる。

今までは、解き方を知らなかったから、勘違いしていたから分からないのだと思っていたが、もしかしたら、彼らの多くはひとりでは正しく読むことができないのかもしれない。

そうなってくると、読解力が低いことによって、他の教科の勉強にも問題が生じていることになる。教科書の内容が読めない、解説も理解できないのであれば、独りで勉強することは不可能だ。

「解説をちゃんと読めばわかるはず」とか「授業より自習の方が効率いい」とかいうのは、読解力のあるひとにしか通用しないものだったのだ。

 

大人も読めてない

 

読解力の低下は子供に限った話ではない。そもそも高校3年生でセンター試験模試を受ける集団の平均がAIと同じなのだから、全国民となるとさらに恐ろしい事態だ。

大人になっても読解力を身につけていない人は相当数いると考えられる。

実際、ツイッタ―なんかをやっているといろいろな人のツイートを見るのだが、「読めてない」人は多い。

自分にとってわかりやすい「キーワード」だけを拾って、そのキーワードから連想される”自分の中でのイメージ”で相手の意見を”想像”し、攻撃している人。これは典型的なAI思想だろう。

こういった人たちは、学校で読解力を身につけれず、その後も習得する機会がなかったのかもしれない。

 

読解力がないとどうなる?

そもそも、なぜ読解力がないと困るのだろうか?

国語の点数なんか取れなくても生きていけてる!という人もいるだろう。

しかし、生きていくうえで読解力、つまり”だまされない力”は重要だ。

 

例えば、契約書にサインするとき。

小難しい文章が長々と書かれていて辟易とする人も多いだろうが、契約書はちゃんと読まないと悪意のある相手だとだまされるし、そんなつもりのない相手でも自分の思っていた内容と違ったりすることもある。

ちゃんと読んで理解できれば、事前に気付くこともできるはずだが、そもそもいくら読んでも読み取れない人だった場合、だまされ放題だ。

役所の書類に保険、賃貸など、生きていくうえで書類を避けては通れない。

 

そんなたいそうなことでなくても、何かを買ったときに、説明書が理解できなかったら使えない。教科書が読めないのだったら、仕事のマニュアルも難しいだろう。ネットで検索しても、散らばる情報を読めなければ意味がない。

 

世の中には、人をだまそうとする人が多い。詐欺や宗教、悪意がなくてもマルチ商法や政治家など、言葉巧みに誘惑してくる。

そこで、怪しいところに気付けるか、矛盾を指摘できるか、きっぱりと断ることができるのかは、読解力しだいだ。

 

人にだまされないように生きていくために、もっと真剣に読解力を考える必要がある。

 

AI思想ではAIに勝てない

 

テストくらいのことなら、AIのようにキーワードからパターンを識別して解くやり方が有効かもしれないが、その方法では絶対にAIには勝てない。膨大な情報を検索して、一瞬で計算するコンピュータに人間が同じ方法で挑むのは愚の骨頂だろう。

近い将来、人間のやっている仕事もロボットに置き換えられてしまう。 産業革命より激しい仕事の変化がいずれ訪れる。

そうなってしまったときに、劣化コンピュータ人間に仕事はない。

AIに奪われる職、AIによって生み出される職、それらに対応するためには”人間としての力”を身につけていかなければならない。

 

 

AIに関してはこの本が非常に分かりやすかった。

AI開発の歴史や学習法・ディープラーニングなどを解説してある。ぜひ一読を。

http://amzn.to/2x3vGJu